会社経営開始時の資本金の消費税

会社の経営を始めようとしてるかたはご存知でしょうか。消費税は会社設立時のケースにより節税方法が違います。今回は資本金が1千万未満の会社のケースを紹介します。まず、2年間は税が免除になります。経営したいなと思ったら1千万未満で始めましょう。次に対応策です。もし設立から半年で売上も人件費も1千万を超えそうなときは、売り上げを下期にずらせないか、給与の代わりに下期の賞与に支給できないか、などを検討し売り上げか人件費が1千万を下回るようにしてください。ほかにも、会社の設立を少し早めて売り上げや人件費が発生しない時期をつくることです。

起業する場合の資本金の決め方

起業する場合、資本金1円でも法律上、問題ありません。しかし、1円で利益を出すのは無理なことなので、初期費用と半年程度の運転資金を合わせた金額が経営するうえで現実的な金額といえます。また、経営するための資金だけでなく、対外的な信用力の意味合いもあります。信用力が弱いと、取引先や仕入れ先からの取引ができなかったり、金融機関からの融資の条件が厳しかったりすることもあります。資本金は会社の経費として使うお金ですが、全額、使わ必要はありません。ある程度の信用力を持たせるために、余裕を持った金額を設定する方が良いといえます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 資本金と企業経営について All rights reserved