資本金は経営の信用に影響する

企業の経営状況を判断する基準の数字の一つに資本金があります。企業の業績を判断する決算書の中の一つの貸借対照表に記述されている資本金は、会社の規模を示す重要な数値の一つであり、銀行などから融資や借り入れを行う際のに必要になる信用に直接結びつく重要な数字になります。経営状況が良く、利益が出ている企業であれば、組入が行われ、数字が年々大きなものになっていきます。大きなものになるという事は、会社の規模が拡大して言っているという事を示し、株主や、融資を受けている銀行、その他関係者からの信用も厚くなっていきます。

長く経営したいなら考えよう

長く経営したいなら、資本金を増やすようにすべきです。資本が増えれば、多少、赤字になっても、すぐには倒産したりしません。だから、企業の安定度が増すのです。ビジネスを広げていくことを考え、負債が増えると、倒産しやすくなるので、無理に借金はしない方が良いです。経営者は、事業の拡大以上に事業の継続を前提にすべきです。事業の継続なしに、事業の拡大もないからです。資本を増やすには、利益を出すことが大切です。法人税を納税することにもなりますがら資本を増やす為には仕方のないことです。法人税を覚悟して、利益を出し続けることが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 資本金と企業経営について All rights reserved